湿潤療法について

湿潤療法(うるおい療法)とは

湿潤療法は、これまでは適切であると考えられてきた「皮膚欠損創の乾燥」や、「創面(傷口)に対する消毒薬の使用」を見直し、それらの組織障害性を極力排除することで良好な組織再生を得る治療法です。

つまり、この治療法においては外傷の治療や術後創等に消毒薬を一切使用せず、創面を乾燥させる材料は原則的に使用しないで湿潤環境を保ち治療を行います。

消毒と乾燥は必要?不要?

創面に消毒薬を使わないと感染を起こすのではないか、と思われるかも知れませんが、異物や壊死組織(細胞が死滅してしまった組織)が除去され、創面の細胞が適切に保たれていればほぼ問題になることはありません。状態によっては全身性の抗生物質投与が必要になることはありますが、創面の消毒は「組織に障害を与え再生を遅らせる」というデメリットしかないと考えられます。

創面の乾燥も組織の再生にとってはプラスになることはなく、再生組織に障害を与え、感染のリスクを増加させてしまいます。また、乾燥させてしまうと創面から染み出す「浸出液」が失われてしまいます。浸出液は創面がジュクジュクする元になるものですが、これには組織を再生する為に必要な成分が多く含まれています。つまりこれを乾燥させてしまうということは、再生に必要な道具や材料を奪うようなもので、この点でも再生を遅らせる原因となってしまいます。

創面の消毒をせず、湿潤環境を保つようにすることで、再生遅延や感染のリスクを大きく減少させられるのです。

快適な治療法

湿潤療法のもう一つの大きなメリットに「痛みや痒み等の不快感が軽減出来る」ということが挙げられます。これは湿潤療法が、組織の障害が少ない治療法であるために得られるものです。

従来の「消毒と乾燥」という治療に伴う苦痛は、多くの人がご経験であろうと思います。すり傷の消毒や張り付いたガーゼの交換、消毒薬による傷の中の洗浄、傷口の痒み等…。湿潤療法であれば、組織への障害や神経の刺激などが極力抑えられますので、その様な
痛みや痒みを大きく軽減出来ます。動物は人とは異なり、苦痛を詳細には表現出来ません。しかし動物も間違いなく苦痛を感じます。だからこそ、出来るだけ苦痛を与える可能性を無くし、心身に配慮した治療を行うのが望ましいと考えます。

自宅療法について

近年では湿潤療法はメディア等で取り上げられることも多くなり、ご家庭で手軽にご使用頂ける製品も数多く市販されています。実は正しい知識があれば、それらの市販品や自宅の有り合わせの材料を用いて、適切な湿潤療法を行えるケースもあります。病院で治療を行う場合も、処置法をお伝えして、ある程度自宅で実施して頂くこともあります。つまり多少の傷なら病院にかからずとも治療し得る…とも言えますが、それは必ずしも上手くいくとは限りません。例えば過度の湿潤状態により再生の遅延が生じることもありますし、人間用に作られた市販品を動物に使用するのは難しいこともあります。

患部の状態や経過を見ながら、それに合わせて処置を変え、適度な湿潤環境を保つことが重要ですので、出来るだけ病院にかかって頂くことが望ましいでしょう。

ページ上部へ戻る